練馬区 やまぐち眼科クリニックタイトル
練馬区 大泉学園駅 眼科 小児眼科

ご挨拶
西武池袋線、大泉学園駅徒歩30秒。やまぐち眼科クリニックでは常に患者様の立場に立った医療を心掛けております。
特に緑内障治療、小児眼科(近視・遠視・弱視)、ドライアイ、網膜レーザー治療に力を入れております。お気軽にご相談下さい。
医師
やまぐち眼科クリニック 院長
医学博士 山口 恵子
<略歴>
平成5年 日本医科大学卒業
日本医科大学眼科学教室医員助手
日本医科大学付属病院眼科医局長
あそか病院(江東区)眼科部長を歴任
平成19年 やまぐち眼科クリニック開院

<資格>
日本眼科学会認定専門医

<所属学会等>
日本眼科学会
日本眼炎症学会

診察科目
眼科 小児眼科
住所・最寄り駅
  住所 〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-28-6
モンセーヌ大泉2F
  最寄り駅 ・西武池袋線【大泉学園駅】北口徒歩0分
診察時間・休診日

受付時間
09:00~12:00
/
/
15:00~18:00
/
/
/

  休診日  水曜日・日曜日・祝日
連絡先
■  Tel 03-5387-2555
  Fax  
ホームページ
やまぐち眼科クリニックのオリジナルHPはこちらから
病院検索 歯科検索 ホスピタにもやまぐち眼科クリニック
が掲載されています。
特 徴
診療内容
一般的な眼病から手術が必要なものまで、眼科領域全般の診断・治療を行っています。
結膜炎、ものもらい、屈折異常(近視、遠視、乱視、老視)、眼精疲労、ドライアイ、白内障、緑内障、黄斑変性症、飛蚊症、糖尿病網膜症、眼瞼痙攣(ボトックス注射)、コンタクトレンズ処方、眼鏡処方など

緑内障
当院では【緑内障】の早期発見・治療に力を入れています

緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気です。一般的に緑内障では、自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあります。

緑内障はわかった時点で、悪くなってしまった視野は元には戻らず、治療によってこれ以上進まなくさせる、進行を遅くすることしかありません。そのため早期発見・早期治療をすることが重要です。

当医院では最新の視野計を導入し多くの緑内障患者の方の診断・治療を行なっております。
緑内障の精密検査については、ご予約いただいた場合、その日のうち視力・眼圧・眼底検査・視野検査までトータルに行うことが可能です。
お電話にてお問い合わせ下さい。


小児眼科
小児期は、身体の成長とともに視機能も発達する重要な時期ですが、成人のように、安定して信頼のできるデータが なかなか得られないため、診断・治療に一層の慎重さが求められます。当院では経験豊かなスタッフにより、十分時間をかけて、丁寧に対応することを心がけて おります。主に、近視、遠視、乱視、弱視、斜視などの治療や管理を行っています。

白内障

当院では白内障の患者様はその方のご希望、ニーズによって、一番その方にあった手術施設をご紹介しております。入院しての手術が希望の方、日帰りが良い 方、とにかく近いところが希望の方、多少遠くても名の通った有名な先生に是非やってもらいたいという方、さまざまですので。じっくりお話を伺った上で、ご相談の結果、最適な施設を選びご紹介いたします。

飛蚊症
明るい所や白い壁、青空などを見つめたとき、目の前に虫や糸くずなどの浮遊物が飛んでいるように見えることがあり ます。これらは視線を動かしてもなお一緒に移動してくるように感じられ、まばたきをしても目をこすっても消えません。このような症状を医学的に「飛蚊症」 と呼んでいます。
飛蚊症のほとんどは病気でないものですが、ときに網膜裂孔・網膜剥離・ぶどう膜炎などの思いがけない病気が原因となっていることがあります。
網膜裂孔の治療には、レーザー光凝固が有効です。

ドライアイ
ドライアイは、涙の減少あるいは質的な変化により眼の表面に障害を生じる疾患です。涙が足りないと涙の役割が低下するので、眼は乾いて傷つきやすい状態となります。
軽度のドライアイであれば点眼で軽快しますが、改善がみられない場合、それに変わる新しい治療法である涙点プラグ・液体コラーゲンプラグなどがございます。これらの治療法については、来院の上一度ご相談下さい。

眼瞼けいれん
眼瞼けいれんとは、目の周りの筋肉がけいれんして、、うまくまばたきができなくなったり目があけにくくなる病気です。脳内の運動を抑制するシステムが機能障害を起こすことによって生じると考えられています。
しかし、発症の原因が完全には解明されていないため、症状を抑える治療が中心となっています。
まぶしい 95%
目を開いていられない、目をつぶっていたほうが楽 92%
目が乾く 51%
外に出ると目が開けにくくなる 49%
目に違和感がある 41%
下を向いていたい 34%
眼瞼が下垂する 29%
瞬きが多い 26%
手指を使わないと開瞼できない 16%
目の周りがピクピクする 8%
額や眉間に皺が寄る 8%

出典; 清澤源弘 , 若倉雅登. 目がしょぼしょぼしたら-眼瞼けいれん?「正しい理解と最新の治療法」, メディカル・パブリケーションズ 2005

上記項目に心当たりのある方は、症状が進行する前に眼科受診をお勧めします。

片側顔面けいれん
片側顔面けいれんとは、顔面神経が何らかの原因で隣接する血管によって圧迫され、自分の意思とは別に、目の周辺や口、頬、顎の筋肉が勝手に動く症状のことを言います。
50~70歳代の女性に多く見られます。
初期では、片方の目の周囲や口がピクピクけいれんします。病気が進行すると、症状が頻繁に起こり、また、口や頬が大きく引きつるような感じになります。

設備・機器
オートレフケラトメーター
ハンフリー自動視野計
オートレフケラトメーター
ハンフリー自動視野計
眼の屈折力を測定し、近視や遠視、乱視などの程度を測定するのに用いる機器です。光を瞳孔から眼の内部にあて、目の底から反射する光の状態を測定して遠点位置を割り出し、それを屈折度数に置き換えることで眼の屈折力や、近視、遠視、乱視の度数が把握できます。

最新の自動視野計を導入してますので、コンピュータ制御により、短時間で正確な検査が可能です。
緑内障や視神経疾患の有無・程度の診察に使用します。



ノンコンタクトトノメーター
スペキュラマイクロスコープ
ノンコンタクトトノメーター
スペキュラマイクロスコープ
眼圧を測定する機器です。
弱い風を吹き付けて測定することで、角膜に触れずに眼圧を測れます。
角膜内皮細胞測定装置。
角膜にある内皮細胞の数を測定する機械です。
主に白内障の術前術後検査に用います。

省スペース視力表
オートレンズメーター
省スペース視力表
オートレンズメーター
従来の5m視力検査が、今まで半分以下のスペースで、簡単・正確にできます。
眼鏡の度数を測定する検査です。
今お持ちの眼鏡が合っているかどうかチェックできます。

スリットランプ1
スリットランプ2
スリットランプ1
スリットランプ2
角膜、結膜、水晶体や網膜、視神経などの診察を行なう検眼用の顕微鏡です。


院内感染予防のため流行性角結膜炎(はやりめ)の方はこちらのスリッドランプで検査を行ないます。

ポータブルスリットランプ
レーザー光凝固装置
ポータブルスリットランプ
レーザー光凝固装置
手持ち型のスリットランプです。
車いすの方や、乳幼児などの診察時、往診時にはこのポータブルスリットランプを用います。
網膜にレーザー光をあてて治療する装置です。糖尿病網膜症や網膜裂孔などに用います。
平成21年5月にさらに新しいレーザー機器を導入いたしました。

無散瞳眼底カメラ
高機能画像ファイリングシステム
無散瞳眼底カメラ
高機能画像ファイリングシステム
無散瞳の状態で眼底検査を受けることができます。撮影後、眼に影響はありません。

インフォームドコンセントを重視しておりますので、より患者さまやご家族の方にに理解していただくために、大きなモニター画像で病状などを説明することができます。


院内の様子
受付 待合室
受付 待合室
公開日2009年5月21日更新日 2011年12月22日

練馬区 大泉学園駅 眼科 小児眼科