さいたま市 浦和区 眼科 小児眼科 緑内障 白内障 眼精疲労 オルソケラトロジー

ご挨拶
さいたま市与野駅近くで眼科・小児眼科を診療しております。
しぶや眼科クリニック院長は経験豊かで、女性ならではの細やかな配慮のもと、診療いたします。
小児病院にも在籍経験をしておりますので、お子さまにも安心して受診していただけます。
当院の常勤スタッフは全員、ORT(視能訓練士)もしくは、OMA(日本眼科医会認定資格)を取得しており、安心して、診療いただけます。
白内障・緑内障・眼精疲労・涙目・ドライアイなど、お気軽にご相談ください。

オルソケラトロジー始めました。new
夜コンタクトレンズを入れて寝ると、日中は裸眼で見えるという近視矯正法です。
■2009年に、厚生省の認可がおりたことを受け、当院でもオルソケラトロジーを始めました。
■当院では最長1週間レンズを貸し出し、お試しいただいてからご本人レンズを注文しているので安心です。
■オルソケラトロジーは予約制で行っております。
お試しご希望の方はお電話下さい。048(822)7000
>>詳しくはコチラ
院長

渋谷 裕子


日本眼科学会専門医の資格を持ち、
小児眼科の経験も豊富です。
プライベートでも、双子の母親です。
お子様のお相手はおまかせください!
<略 歴>
昭和43年 神奈川県横浜市生まれ
平成05年 横浜市立大学医学部卒業
平成5~10年 同大学眼科医局ローテーターとして
・横浜市立大学医学部付属病院 眼科
・済生会横浜市南部病院 眼科
・神奈川県立こども医療センター眼科 勤務
平成10~13年 眼科三宅病院 勤務
平成14年~ しぶや眼科クリニック開院

<資 格>
日本眼科学会専門医
診察科目

眼科・小児眼科

診察時間・休診日
診療時間
9:00~12:30
×
15:30~18:30
×
×
×
火曜午前・午後、金曜午前は基本的に代診日となります。
不定期の休診や変更等もありますので、お電話でご確認の上、ご来院下さい。

  休診日  水曜日午後・土曜日午後・日曜・祝日
住所・最寄り駅
 
  住所  〒330-0071
埼玉県さいたま市浦和区上木崎2-3-2
上木崎メディカルビル1F
  最寄り駅  ・JR京浜東北線「与野駅」東口より徒歩2分
連絡先
  Tel 048-822-7000   Fax 048-822-7999
しぶや眼科クリニックのオリジナルホームページはこちら
病院検索 歯科検索サイト「ホスピタJP」にもさいたま市 しぶや眼科クリニックが掲載されてます。
特 徴
当院は、患者様にとってわかりやすい、最先端の医療をめざしております。何でも、お気軽にご相談ください。

小児病院にも在籍経験をしております。お子さまにも安心して受診していただけます!

◆診療内容◆
眼科一般
小児眼科
ドライアイ
外来小手術(麦粒腫など)
レーザー治療(糖尿病網膜症・眼底出血など)
眼精疲労(マッサージ療法あり)
視野検査(緑内障など)
コンタクト取り扱い
メガネ処方
ドライアイの新しい治療法について
ドライアイは、聞いたことはございますか。今、パソコンを見ていらっしゃる、貴方もひょっとして、その予備軍かもしれません。最近は、どこでもエアコンが効いており、夏・冬問わず、空気が乾燥しています。さらに、パソコンなどで、まばたきの回数が減ってしまっている方も増えています。 このような、様々な要因が重なって、ドライアイの患者さんが急増しています。

●ドライアイの病態  
悲しいときに限らず、涙は、常に涙腺から分泌されており、黒目の表面(=角膜)を保護する役割を果たしています。この常に出ている涙の分泌量が減ってしまう病気がドライアイです。しかし、ドライアイの患者さんも悲しいときなどには涙はちゃんと出てきます。

●ドライアイの症状自覚症状
目が乾く、目が痛い、充血する、目に不快感がある、目が疲れる、、、など
↓(重症化すると
・目ヤニがでる。目が開けられない程痛い・肩がこる(ドライアイのために)。

●ドライアイの症状他覚症状
・角膜の下の方、中心に傷ができる。 ・涙の分泌量を測ると減少している。、、、など
*また、角膜に傷がついていたりすると、逆に涙が出てしまったりすることから、本来はドライアイなのに、「涙が出る」という自覚症状で受信される方もいらっしゃいます 。ドライアイだと、風が当たるなど刺激を受けたときには、正常の方より、涙が多く出てしまうことがあります。

●ドライアイの治療法
①目薬:眼科で処方される目薬の中には、保湿効果の高いものがありますので、市販の目薬を頻繁に点眼しないと不快な方は、眼科診療をお勧めします。
②涙点プラグ: この方法が、比較的新しい治療法です。外来で、簡単に出来、保険も通る治療法です。

クリニック内
受付
待合室
□更新日 2013年11月22日

さいたま市浦和区 眼科 小児眼科 緑内障 白内障 眼精疲労